2017年10月05日

在日のことを選挙の争点には出来ないのか?

なんか小池さんの「希望の党」立ち上げにより、先の読めない選挙に選挙になりましたが、なるべくなら在日帰化人を優遇しようとしてきた旧民主党の左側は議席を減らせばいいのになあと思っていたら、小池側からは後任排除、また枝野氏などは「立憲民主党」立ち上げという形になりました。枝野死の考えには賛同出来かねますが、今回の選挙に限っては、国民にとってわかりやすい形をとったと思います。


問題はのこのこ希望の党に入って行った民主のやつらです。ハッキリ言って、どいつが韓国カブレなのかよくわからないですよね。地域に希望の党の人が立候補している場合には、このあたりを昔の政策・訴えからどう変遷しているのかも含めて判断する必要がありそうです。


ボク個人としては、安倍さんにもう少し頑張っていただきたいと思っていますが、小池さんも都知事の仕事として、朝鮮学校への土地貸与白紙撤回など、舛添が韓国寄りにしてきたものを元に戻そうとはしており、この点だけとっても評価できる部分は大きいのです。国民の心にトゲのようにささった問題でありながら、語る事も出来ない韓国や在日の問題を、真正面から「争点」として話し合える日が来ることを望んでやみません。


とはいうものの、マスコミは韓国寄りですし、「在日をどうするか?」、「韓国との断交」なんて事を選挙の争点に持ち出したら、プロ市民が動き出してものすごいことになるでしょう。今の日本はこんな風に言いたいことも言えない世の中なのです。だからこそ、政治家の先生にも「韓国が嫌いな人」「ちゃんとやってくれそうな人」を選ぶしか無いんです。ホントは争点にして、堂々と話し合える日が来れば良いのですが・・・。


とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ
 


【関連する記事】
posted by NIPPONIA at 16:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする