2017年10月19日

小池百合子は政治をバカにしています

もうすぐ衆院選投票日。序盤は話題をかっさらった小池さんの「希望の党」ですが、最近はメディアで取り上げられることも少なくなりましたね。ボクは左翼は嫌いですが、それでもこの日本では言論と思想の自由があるわけで、そういう考え方もアリだとは思っています。そういう意味では立憲民主党はわかりやすいですよね。選挙のために政党ではなくて、主義主張あっての政党だ、というのはよくわかります。


もっとも最悪なのは、希望の党から公認を得ながら、自分の選挙区に帰ってから「憲法改正には反対」とのたまっている人たちです。この人たちは万死に値するウソつきです。自分が選挙に落ちるだけならまだしも、政党や政治家への不信感を高めるという、最悪の行為であります。


しかしながらそれも、小池さんが掻き回したことです。彼女はなぜ?風向きによっては、都知事をやめて出馬するつもりだったのでしょうか?なぜそんな無責任なことが考えられたのか?
 
いいですか?都知事の職務をまっとうしなければならないから出馬はしません、というと責任感がありそうに聞こえますが、「1ミリでも都知事を辞職して出馬」がアタマにある時点で、無責任極まりないです。政治を何だと思っているのでしょうか。彼女は都知事のポストを踏み台にしようとしたのですよ。なぜ都民は怒らないのでしょう。


ただ、小池さんでも評価できる部分もあります。それは朝鮮学校への厳しい対応であります。舛添前知事とは雲泥の差であります。どうか国政はあきらめて都政で朝鮮韓国に厳しく対応していただきたいものです。

とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by NIPPONIA at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする