2018年01月10日

日韓合意はどうなるの?

韓国のムン大統領が、2015年の日韓合意にイチャモンを付けつつも、「合意を見直したり白紙撤回はしない」というワケのわからない事を言ってましたね。そんでもって10億円は韓国が出すとか、日本に誠意ある対応を、なんて言ってるのだから、よくわかりません。ムン大統領もわかっているのでしょうね。韓国国内世論を立てつつ、国際社会のなかで笑いものにならないように・・・仕方のないことだったのでしょう。


だけどこれでは、国同士の交渉なんて出来っこないですよね。国同士が話しをして合意をして決まったものが、政権が変わったとたんに反故にしようとするなんて・・・韓国は世論がどれだけ強いんですかね。政権よりも、法律よりも、国際ルールよりも、国民の声がイチバンなんです。デモでものごとが決まると言うわけです。


でも安倍総理はそのくらいの事は織り込み済みだったはずです。韓国の合意という時点でチャンチャラ可笑しいハナシだったわけですが、反故にされることを承知で、合意に踏み切ったのでしょう。後で韓国が反故にしようとすれば、国際社会で韓国の立場が悪くなる。韓国がどんな国なのかということを世界に知らしめることが出来るわけです。


韓国が相手だと、まともに立ち回っていても裏切られるばかりですが、それを国際社会に訴えて行くこと、知らしめることが、とても大切なことであるように思います。「極力関わらない」というのがベストですが、慰安婦問題に関しては、関わらないだけでは被害が拡大していくばかりです。困った隣国ではありますが、せめて日本が損をしないように、政治家の先生方には頑張っていだたきたいものです。


とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ
posted by NIPPONIA at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする