2017年12月27日

いつかの日韓合意

ちょうど2年前の今ごろ、従軍慰安婦問題に関して岸田外相が韓国と合意をしたのです。年の瀬ではありましたが日韓が未来志向で前に向くのではないか、とマスコミは報じました。そのかたわらで、韓国と合意なんてしたって、どうせ反故にされるに決まっている、と考えた人も多かったのではないでしょうか。どちらかというと、ボクもそういう気がしていました。


そして韓国は期待を裏切ってというか、いや期待通りというか、見事に約束を反故にします。驚いている人が少ないようにも思えるので、日本国民の多くは韓国に対して諦めているという事なのでしょうか。お金の問題ではないのでしょうが、いちおうわが国は10億円を拠出しているのですけどね。


とにかく、韓国と約束や合意をしてもムダだということです。彼らには解決の意思なんてありません。彼らにとっての「解決」とか「未来志向」というのは、未来永劫、日本が韓国に謝罪をし続け、そしてお金を払い続けることなのです。被害者の立場が嬉しい人たちですから、仕方がありません。


しかし人間同士、国同士が話し合って、ここまで仲が悪くなるものなのでしょうか?ここまで過去にこだわるものなのでしょうか?彼らはずっと言い続けるつもりです。それが権利であるかのように。この問題に触れるたびに、ボクは韓国という国が嫌いになります。何か攻撃をしてやろう、という意味の嫌悪感ではなくて、「関わりたくない」という感じです。


そして悲しい話ではありますが、韓国と日本は「関わらないのがイチバンの友好」だということを、日本国民は理解しなくてはいけません。彼らの反日に終わりなんてありません。韓国では反日行為は褒められることであり、親日的な発言や行動を取ると「親日罪」で捕まります。もしも日本と関係を改善したいと考える人がいたとしても、それを口にすら出来ない、そんなシステムを作り上げてしまっているのです。


とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ
 

【関連する記事】
posted by NIPPONIA at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: