2016年09月22日

豊洲市場の「盛り土」問題

毎日のように豊洲市場の「盛り土」の問題です。汚染土壌からの汚染物質を防御するために、盛り土をする約束だったのに、それがいつの間にかコンクリートで囲われた謎の空間になっていて、それがいったい誰の指示で、いつ変わったのか?ということをメディアが必死にやっています。そして地下に溜まった水からは、有害物質が検出されたと大騒ぎ。大丈夫なんでしょうか・・・・


大丈夫でしょ。でも大丈夫だとは誰も言いません。言えません。まず有害物質は基準値以下なんでしょ。大丈夫でしょう。「無いに越したことは無い」のは勿論ですが、それの良し悪しを判断するために基準値というのがあって、「ちょっと出てる!」って大騒ぎするのは間違っています。基準値以下のものが出て、「問題ない」と言えない風潮があるのですね。それはマスコミに作られた部分もあると思います。専門家もコメンテーターも、「大丈夫なんじゃないですか?」とは誰も言いません。


考え方によっては、「盛り土」なんかするよりも、コンクリートの箱があったほうが安全なんじゃないか?という考え方も出来るわけですが、マスコミはこぞって、「いやそういう問題じゃない、大事なのはなぜそうなったかだ!」と倫理とかルールの話に偏っています。もう建物も出来ているし、築地の取り壊しだって決まっている。だから東京都の問題として、「なぜこうなったか?」は検証する必要はあれど、今から新しい市場をどこかに建て直すことなんて出来ません。前を向くというのは、過去を批判追求することではなくて、いま現在ある豊洲市場をどう安全に使うか?を考えることだと思うのですが・・・。


豊洲を使わなくてはいけないとして、では誰がこれを推し進めて行くのか?それは小池知事以外に出来ません。舛添の「ブラックボックス都政」に対抗色を出そうとしているのはわかりますが、過去に決まったことを、すべて否定していたのでは、いつか自分にかえってくると思うのです。またテレビに出ている専門家の人たちも「安全性に問題があります」って言ったほうがウケると思って批判を繰り返していますが、「この建物をどう使うかだ」という前向きな話をしていただきたいと思うばかりです。


しかしながら、基準値以下の有害物質が出たことを、「危険だ」と大騒ぎするマスコミには、今どきの日本人が「ゴネ気質」になってきたのを感じずにはいられません。やはり日本には韓国の人たちがいっぱい暮しているから、だんだん伝染してきているのでしょうか・・・。日本人のおくゆかしさとか、「和」の精神を忘れてはいけません。


とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ 
 
posted by NIPPONIA at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック