2016年07月29日

慰安婦財団設立、反対派乱入で大荒れ!

ニュース見ましたか?慰安婦の心の傷を癒すための財団の事務所の開所式に、反対派の大学生たちが乱入して大荒れになっていましたね。そもそも昨年末の日韓外相同士の合意そのものに反対なんだとか・・・呆れてモノも言えませんね。何がの望なんでしょうか。こういう行動をとるということは、すなわち「合意なんてしてもらっては困る、ずっとずっと被害者でいたい」、「いつまでも日本を糾弾したい。ずっとゴネていたい」ということなんですね。つまり韓国世論は慰安婦問題を根本的に解決するつもりなんてない、ということなのですね。


だんだんと、日本国民が「韓国とはもう付き合えない」という考えに傾いて来ていると思います。いつまで経ってもゴネる。大声を出したり座り込んだりして対話にならない。老若男女すべて日本人のことが大嫌い・・・。こんな国と付き合ってもお互い悲劇しか生みません。あるいは安倍政権はこうなることがわかっていて、財団設立の合意をしたのでしょうか。韓国の人たちの心の底を見抜くことは出来たかも知れませんが、これ以上何をやっても日韓が和解なんてあり得ないですね。


だけど、日本が韓国ひどい非常識だ・・・って思っているのと同じくらい、向こうも日本人のことを世界最悪の民族だと思っているんです。わかりますか?みなさんは日本人は常識的で、韓国の人たちは非常識だと思っていませんか?そうではないのです。向こうは日本人のほうが非常識だと心の底から思っているのです。韓国人は世界中から嫌われている、と思っていませんか?韓国の人たちは、「日本人は世界中の嫌われ者」だと思っているんです。つまり皮肉なことに、われわれ日韓は似た者同士、同じことを考えているワケですね。


だからこそ「お互い離れて行こう」という方向に、日韓世論が舵を切れば、お互いに良い関係という意味での「断交」に向かう事が出来るだろうと思うのです。韓国にもそう思ってもらう事が大切だし、日本国内での議論をしていくことも大切なのです。いまだに「日韓友好を・・・・」って言っているひとも沢山いますが、日韓はお互いを尊重して離れて行くこと、これがお互いの国のプライドを守りながらの、いわば「良い関係」につながっていくと思うのです。


大切なのは、韓国の人たちに「日本とはもう付き合えない」「日本とは関わり合いたくない」と思ってもらう事が大切です。あの人たちは何のかんの言って、「日本は未開だから我々が付き合ってやらねば」みたいな上から目線なところがあります。日韓が断交できない原因はその部分であって、その点を考えを変えてもらって、「もう文句は言わずに断交しよう」という領域まで行っていただくことが大事です。韓国内には「親日罪」という罪があります。日本寄りの考えや発言が罪に問われるというものです。こんな法律があるくらいなんだから、日韓断交は韓国の人たちにとって本望のはずなんですけどね。


とにかく私たちは市民レベルでも出来る購買選択をしていくことです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ 

 

 
【関連する記事】
posted by NIPPONIA at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440532051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック