2016年05月12日

オバマが広島に来ても・・・

オバマ大統領が広島に来られることになりましたね。世界でただ一つの被爆国という立場からしても、良い事だと思います。ただ心配なのは、せっかくオバマ大統領が来ているのに、「謝罪しろ」「賠償を」などといったデモが起きては元も子もありません。日本人はそんな事しないと思いますが、そういう事を考えている連中もいるので心配です。


「謝罪と賠償」慰安婦問題で聞き飽きたフレーズですよね。つまり日本人がオバマ大統領に対してそんな事をやったら、それは「韓国みたいな行動」ということになります。何年経っても、何十年たっても、いつまでたっても被害者の立場を崩さない。オバマが広島を訪れると報じられた日に、韓国が「日本は加害者なのに被害者ヅラをする恐れがある」みないな声明を出してましたが、何ていうか、ホント韓国の人たちは自分たちだけが被害者でいたいのですね。自分たちのやりそうな行動パターンに当てはめて考えた結果なのでしょう。


考えられるのは、韓国朝鮮人によるなりすましのデモです。せっかくオバマ大統領が来てくれているのに、そこに水を差してやろうと考える在日がいても不思議はありません。警察の方々にはよく取り締まっていただきたいものです。十分にありうる話です。


この「なりすまし」のデモほど、信じられない行為はありません。大嫌いな日本人になりすまして、ヘイトを行い、日本人の評判を下げようとするなんて、そこにはプライドも何もあったものではありません。自分たちが幸せになりたいとかいうのではなく、とにかく日本の立場を悪くなることだけを狙った卑劣な行為です。


さすがに日本人ではそこまで出来ません。韓国の人たちの執念とでも言うべきかと思います。まともに付き合っても良い事なんてありません。韓国の人たちにとっても、日本人にとっても、付き合わないのがイチバンなのです。


我々は何をなすべきなのか?日常生活のなかででも、出来ることはいっぱいあるのです。それは韓国人経営の店を使わないこと、パチンコをしないこと、韓国製の製品を買わないこと。ソフトバ〇ク、ロッ〇を買わないこと、イ〇ンに行かない事、日本人経営の焼肉店を探すこと。これらのことをみんながやり始めれば、在日が韓国に変える事を考え始めるのです。日本では暮らしていけない、これがキーなのです。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by NIPPONIA at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバマさんは道義的責任を知って居る人、日本人なら謝罪表明を求めるベキです。賠償は経済大国までの支援で終わってると思われます。韓国人は賠償請求に出ると思います。核廃絶への道筋づくりにも、原爆投下無差別殺人・捏造史実の強要は誤った事だったと清算する必要があると思われます。
Posted by 草莽愛知 at 2016年05月21日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437799091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック