2015年07月15日

日韓友好とは何か?人に伝わる言い方を考えよう!

ボクはいわゆる社会奉仕団体、ラ行ではじまる「〇〇〇〇〇クラブ」という団体に属しています。この団体で老人ホームに車椅子を送ったり、街の清掃活動をしたり、孤児院に寄付をしたり、そういうことをしているわけですが、この活動のなかに韓国のクラブとの交流というのがあって、ホントにウンザリしています。クラブの人たちの中には、「日韓問題が冷え切っている今だからこそ、クラブで日韓交流を行う事が大切!」と言う人が多いですね。

これはある意味正論であります。相手がどんな国であっても、仲が悪いよりは良いほうがいいし、付き合いが少ないよりは多いほうがいい・・・誰がどう考えても正論であります。


しかし、この正論には条件がつきます。それは「韓国だけは例外」という条件です。今までこちらが歩み寄り、手を差し伸べても、恩を仇で返してきたことは皆さまよくご存知でしょう、もはやわれわれ日本人は、今までのことを批判することにすら疲れてしまっています。ましてや韓国の人たちはこの日本にも沢山住んでいて、パチンコと焼肉をはじめとするビジネスでもって、日本社会を牛耳っています。牛耳られている事すらわかっていない日本人もたくさんいますね。


しかし○○○○○クラブの人たちの前では、韓国の人たちに対する文句をすべて飲み込まなくてはいけません。それは何もいいカッコしようということじゃなくて、日韓が断交に確実に近づいていくための「効果」を考えての事です。
 
よろしいでしょうか?ネットで情報を得ている人たちは別にして、日本人のなかで経済的に豊かで知的レベルの高い人ほど、日韓関係は改善すべきと考えている人が多い傾向があるとボクは感じています。これだけ韓国が反日をやってくれているのに、日本が嫌韓一辺倒に傾かないのはマスコミの戦略もありますが、多くの知識人たちの日韓融和志向があると感じています。


そんな人たちに、「韓国はけしからん!」「韓国は嫌いだ!」「日韓断交だ!」と大声で言うことは逆効果なのです。あくまでも「日韓双方にとっていちばん良い方法」「韓国のことをも思いやる」という姿勢を根底に持ちながら話しをすることが大切なのです。ここはネトウヨの人たちにも同じ姿勢を持っていただきたいと思っています。


ボクが〇〇〇〇〇クラブの人たちに訴えたのは下記のような事です。
日韓は歴史認識の違いなどで埋められない価値観の違いが大きい。
それは韓国の人たちが悪いのではなく、また日本に全面的に責任があるものでもない。
とうてい話し合いで解決は出来ないし、話し合えば話し合うほどこじれてしまう。
日本に韓国の人たちが暮らしていることもまた問題を複雑にしている。
もう少し距離を取れば、お互いの文句を言う機会も減る、それが真の日韓友好への第一歩だと思う。
日韓が距離は近いけど少し疎遠な国になってから、韓国に行きたい人は行けばいいし、K‐POPを聞きたい人を聞けばいい、それが自然な友好に繋がって行く。
日韓両政府が親善をゴリ押ししたり、テレビ局が韓流をゴリ押しすることがは、日韓友好を逆に妨げる結果となっている。
また一部の人たちがデモやネットで嫌韓を声高に叫ぶこともやめるべき。
韓国に対して一切の文句を言うのをやめて少し距離を置くことで、時間はかかるかも知れないが良い結果がえられる、そのことに日本人は気づくべきだし、政府もそういう方針を明確に示すべきだ。



いかがでしょう。少なくともボクのまわりの人たちには少し浸透して来ましたよ。これが浸透してきたら、そこから私たち市民レベルでも出来る購買選択をしていくことを訴えて行くのです。ロッ●のチョコ、ソ●トバンクの携帯、ワイモバ●ル、ウィルコ●、ヤフーの検索、サ○トリーの鏡月(韓国から輸入)、フジテレ○、T○S、朝○新聞、リー●21、オリック●、イ●ンのトップ●リュ、韓国人経営の焼肉店や韓国料理店、そしてパチンコ、これら韓国色の強いものを考えて購買選択することで少しずつ世の中は変わっていきます。もっと沢山の人にこのブログを読んでもらいたいと思っています。お手数ですが、ひとつの記事につき1クリックお願いいたします。

社会・政治問題 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
 

 
posted by NIPPONIA at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする